• タグ別アーカイブ: タイトリスト
  • タイトリスト917D3・917D2のウェイトシステムと917F2・917F3の比較

    917D3・917D2のウェイトシステムと917F2・917F3の比較

    前回に引き続き、917D3・D2の特徴を書いていきたいと思います。
    毎回新モデルの発表のたびに変更になる、ウェイトの調整システム。
    今回の917D・917Fに新搭載のウェイト調整システム「SURE FIT(シュア フィット)CG」は、これまでのプレート状のウェイトから、棒状のウェイトに変更されました。

    917D ウェイトシステム
    917D ウェイトシステム

    新しい917シリーズのウェイトシステムは、915シリーズ・913シリーズの時と同じように、角度調整時に使用するレンチを使用して調整します。
    ウェイトの入口は、917D3・917D2はヒール側から、917F3・917F2はトゥ側からウェイトを出し入れするようになっています。
    穴の貫通したウェイトポートのフタを外すと、スポンっと差し込まれたウェイト棒が抜けてきます。 続きを読む 投稿 ID 2558



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • タイトリスト917D3と917D2ドライバーを比較!どこかが変わった?

    917D3と917D2ドライバーを比較!915D2・915D3とどこが変わった?

    タイトリストの2017年モデルとして、この秋発売になる917D3・917D2ドライバーを比較してみました。

    915Dから、どこが変わった917D!発売日は10月21日の予定です!
    一緒に917F2・917F3フェアウェイウッドも届きましたので、ついでに比較してみます。

    917D3・917D2クラウン シェエイプ
    917D3・917D2クラウン シェエイプ

    917D3とD2のクラウンの写真です。

    写真の色合いで非常に伝わりにくいですが、クラウンのカラーはメタリックなグレーです。

    この写真であれば右の917D2を撮影して方が、実物に近いです。
    975Dの頃のグレーよりは、メタリックで濃いグレーです。
    フェイス側にあるターゲットマークは、915Dと同じように見えます。
    913Dの頃からすると三角形が反対向きです。917D2(写真右)は印象的には915D2よりも、やや四角く感じます。
    続きを読む 投稿 ID 2461



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • タイトリスト 915Fのシャフト スピーダー515とSPD569EVOを比較測定。

    タイトリスト 915Fのシャフト スピーダー515とSPD569EVOを比較測定。

    純正で装着されている、フジクラシャフトのスピーダー515。
    カスタムのシャフトと比べて、硬さや特徴はどうなの?20150111-023750.jpg

    915F #3W SPD515 振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
    S 247cpm ( L) 12.5kg 3.9 54g
    SR 238cpm (L2) 11.9kg 3.9 52g

     

    振動数からの換算フレックスは、純正シャフトとしては平均的な数値です。

    フジクラシャフトのスピーダーの名前が付いているため、モトーレSPD569やSPD569EVOと、混同されてしまいがちですが、同じSフレックスで比較してみると以下のようになります。

    振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
    SPD569EVO/S 259cpm (RA) 14.3kg 4.4 52g

     

    スピーダー569エボリューションと比較すると、シャフトの捩れ(トルク)を見ると、SPD515の方が捩れは小さいものの、シャフト中央部分の剛性が同じSフレックス通しでも大きく異なり、振動数でも1.5フレックスほど硬さが異なります。

    20150112-112039.jpg

    SPD515は、重量はありつつも硬くないシャフトが合う方に。

    特に、シャフト中央の剛性が高くないので、ややアウトサイドから振るタイプのスイングと相性が良さそうです。

    タイトリスト915シリーズ・キャロウェイさんのビッグバーサーα815のSPD565など、今回フジクラさんのスピーダーの名がつくシャフトを純正採用されていますが、あくまで同じ「フジクラシャフトで製造されている」ぐらいに考えた方が良いでしょう。

    43.25インチ 振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
    ツアーAD MT-6/S 265cpm (R) 16.2kg 3.3 62g
    FUBUKI AT60/S 263cpm (R) 16.4kg 4.1 60g

     

    同じカスタムシャフトでここ最近多い2種類のシャフトは、このような感じです。
    中央部分の硬さは、それぞれのシャフトのキャラクターによって異なりますが、重量が50g台のシャフトと60g台のシャフトの硬度の違いが、顕著に出ています。

    純正のシャフトも研究が進み、十分相性の良いスイングの方もおられます。

    それぞれの性格を少しでも知ることで、武器にも悩みにもなることが分かってくると思います。
    純正シャフトも調べていきたいと思います。

     

     



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • タイトリスト 915D3・915D2の追加情報!テストデータから分かったこと。

    タイトリスト 915D3・915D2の追加情報!テストデータから分かったこと。

    915D2・D3のソールに入れられた「溝」アクティブリコイルチャンネルと言うらしいですが、そこに目が行きがちですが他の変更点も発表がありましたので、書いておきたいと思います。
    20140927-012634.jpg

    フェースは今回も「鍛造フェース」ラジアルスピード鍛造フェースという長い名前が付いていますが、913Dと同じ鍛造の中心部分が厚めで周辺が薄いチタン板をインサート。

    カップフェースにはなっていません。カップフェースを採用しなくても飛ばせるということと、逆にカップフェースにしてしまうと今回のフェース下のソール部分の設計は出来なかったと考えられます。20140927-013131.jpg

    クラウンに今回「Ti8-1-1」という軽量チタンを採用を採用して低重心化を図っています。

    ソールで注目されている「溝」のフェース寄り部分から、内部ポケットと呼ばれる軽量化された溝が設計されています。
    ですので、フェースから見ると、内部ポケット⇒「溝」という形で、「S字」を横にした短いスプリングのような構造になっています。
    軽量クラウンと内部ポケットで軽くなったフリーウェイトをソールのトゥー側内部に肉厚ウェイトパッドという重量物を三日月状に配置してあります。
    これによって、913Dよりも重心を浅く低くしつつも、913D並みの大きな慣性モーメントを維持できています。

    通常、重心を浅く設計したドライバーは、慣性モーメントがヘッドサイズの割りに小さくなって、やや安定性が下がる傾向にありますが、915Dはその心配は無さそうです。

    数値的な発表はありませんので予測になりますが、重心距離は長くなっていると思われます。20140927-013140.jpg

    先出しのウェイトパッドは、「アコースティック パッド」とも呼ばれ、打球音・打球感を調整する役目も果たしています。

    フェースからの球離れを速く感じる金属的で響きの長い打球音から、フェースに長くボールが乗っている様に感じる、軟らかくやや低い打球音に、高い周波数と硬い響きを吸収する働きをします。

    「スリーブ」と呼んでいますが、正しくは「シュアフィットツアー」(調角スリーブ)は913Dと同じ16通りの調整は同じです。
    先端の構造が変わっていますが、それによるスリーブ本体の若干重量が変化していると思われます。20140927-013952.jpg
    テーラーメイドの「SLDR」と「SLDR S」のように、スリーブを無くす事で、重心位置の変化を狙ったクラブほどは変化は無いと考えられますが、同じような機能をもったスリーブは、テーラーメイドのグローレのスリーブで5.7g、ナイキのコバートのスリーブで11.0gと重量が異なるので、2g前後は差があるのではないかと思われます。

     気になる飛距離ですが、飛距離に大きく関係するバックスピン量は、プロの実打テストの結果913と比較して

    「915D3で約400rpm・915D2で約300rpmバックスピンが減少する」

    「915D3では打出し角が-0.4度(低くなる)」

    というデータになっています。

    913Dよりも重心が浅くなることで、スイングスピードのある程度ある方はボールスピンが減って、飛距離アップにつながると考えられますが、スイングスピード45m/s以下の方は、これまでと同じロフトでは打出し角が下がりバックスピン不足でドロップないしキャリー不足で飛距離UP出来ない可能性があります。

    その他の条件が同じという限定条件化では、ドライバーの重心深度が約4mm浅くなるとロフト1度分=約500rpmバックスピンが減るという計算が成り立ちます。

    バックスピンが減るのは、重心の効果だけではありませんが、3mm前後は913よりも915は重心が浅いのではないかと考えられます。

    純正のシャフト、フジクラシャフト製スピーダー515は、東レシートを採用してシャフトのコアに70tシート使って、シッカリとしたしなり戻りを実現しているとの事なので、915D2では活躍が期待されます。

    915D3を選ぶ際は、ロフト選びに要注意!です。

    タイトリスト915Dはコチラから⇒『915D2・915D3ドライバー』

     



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • グリーン周りはウェッジのソールを選んで攻略!

    グリーン周りはウェッジのソールを選んで攻略!

    今回のボーケイSM5には「F・S・M・T・K」と5種類のソールが用意されています。

    5種類もあったら、よく店舗でも「どう違うの?」と質問を受けます。
    簡単にご紹介すると

    グラインド名 特徴
    F 最も特徴が少なく、アイアンのようにスクエアに構えやすいソール
    S Fと同じくスクエアに構えやすい。ヒールを削ることで開いて構えることも出来る
    M ソール前面は広いのでスクエアーにも構えやすく、バックフェイス側のトゥ~ヒールまでを削ることでオープンにも構えやすい。 ヒール側を浮かせた打ち方にも対応
    T ソールの後方部分を大きく削ることで、開いてのショットが行いやすい。バンス角・使うソール幅が狭い為、ソールが弾かれてしまうライで効果を発揮
    K ソールが最も広く、ソール全面を使ったショットに効果を発揮。バンカーやラフ・ファーストカットなど、ソールを砂の爆発や滑らせて使うこと容易

     

    なんとなく違いが分かったでしょうか?VWG

    9月から発売予定のクリーブランドの588RTX2.0には3種類のソールが用意されます。

    ソールに特徴は「開くとき」と「開かないとき」の差が大きく、多彩なショットよりもつまりどう使うのかが限定されるクラブになっています。

    a4010419-012605ナイキのウェッジが今年話題になりましたが、ヒール側のソールがエグレた特徴的なソールでした。
    コレまでにない形のソール「 トゥスィープソール」が話題になりましたが、ヒール側のソール幅を極端に狭くしています。
    ソールが狭くなったことで、ヒール側の抜けが格段に良くなり、アプローチ時に突っかかることなく打てます。

    鋭く抜けることにより高さのあるアプローチが打ちやすくなります。
    大きくフェースを開いて使う場合は、開いた際に通常接地する部分にソールが無い為、大胆に開いてもリーディングウェッジが浮き上がりません
    反対に、バンカーではヒール側のソールでの砂の爆発は期待できないので、それなりの打ち方が必要になります。

    ドルフィンウェッジは反対に、広いソールに更に突き出たヒール側の出っ張りが特徴です。DW113

    バンカーからとにかく出やすいと好評です。 ちなみにドルフィンのソールはヒールフィンソールといいます。

    開いて使うことをほぼ考えなくて良いウェッジです。

    バンカーやラフなどでは、フィンの部分の出っ張りが広いソールと同じ役割を果たし、容易を脱出をさせてくれます。
    ドルフィンウェッジのお求めはコチラ⇒『キャスコ  ドルフィンウェッジ』

    このように「ソール形状の特徴が大きいほど、打ち方の切り替えがハッキリ」しています。

    スコアに直結するパット数。このパット数を左右するのは、パターの腕よりアプローチの正確さです。

    どんなボールで寄せ低期待のかを、イメージしてそのイメージを実現してくれるソールのウェッジを選べば、おのずとパット数が減ってきそうです。

    自分に合ったソールを選んで、グリーン周りを攻略しましょう!



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ