• タグ別アーカイブ: 性格
  • パターの合う合わないを決定付けるもの

    パターの合う合わないを決定付けるもの

    自分に合うパターを見つけることが出来れば、思ったように打つことが出来、結果「よく入ります」

    パターが合う・合わないを多くの方は感覚で選んでいると思います。
    実際に選べているの方は、極僅か。

    プロでもほんの少しの方だけで、「あのプロが良いと言っていた」「話題なので入るかも?」といった感じです。
    スコアの35%~45%ほどを占めるパッティング。
    ですがパターを選ぶ際に、長さやヘッドの形状・グリップの太さなどですら、なんとなく選んでいませんか?

    DotB No.6 365gヘッド
    DotB No.6 365g 非対称マレット

    ピン型?マレット型?

    パターを選ぶときに、「ピン型・マレット型」の2種類で選択されている方が多いようです。
    「ピン型」は、芯が狭く上手く見える
    「マレット型」は、ヘッドが大きくやさしい
    もう少し詳しい方は、「ピン型」は弧を描くように振り、「マレット型」は真直ぐ振る
    といった感じを何かで読まれたり、どこかで聞いたりされたのではないかと思います。

    間違ってはいませんが、パターを使うプレイヤーが「弧を描いたストロークが安定するのか?」「真直ぐストロークするのが安定するタイプなのか?」が先です。

    実は、パターの合う合わないを決定付ける要因は他にあります。
    続きを読む 投稿 ID 290



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • パームバードグリップにスーパーストロークからグリップ交換

    開発中のパターをパームバードグリップに交換しました。

    パターのグリップセレクト スーパーストローク⇒パームバード

    Super Stroke FLATSO 1.0から、気になっていたパームバードグリップへ変更です。

    まず、スパーストロークのフラットソー1.0ですが、同じフラットソーシリーズにCCという、エンドキャップにウェイトを装着が出来るモデルが、この夏発売になりました。

    スパーストローク FLATSO 1.0
    スパーストローク FLATSO 1.0

    今回のグリップは、CCモデルが発売される前に取り付けしましたので、元からのモデルになります。

    Super Stroke FLATSO 1.0のメーカーページはコチラ⇒「Super Stroke FLATSO」

    SUPER STROKE FLATSO1.0
    SUPER STROKE FLATSO1.0

    太さのラインナップとして、「1.0」「2.0」「3.0」と3タイプあります。

    「スーパーストロークグリップ」と聞いて、すぐに連想されるSLIMシリーズに使用されている太いけど軽い素材「バイキャスト・ポリフォーム材」
    このFLATSOは、「2.0」と「3.0」にのみ使用されています。

    続きを読む 投稿 ID 2392



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ジェイソンデイ使用パター赤いitsu bitsyスパイダー

    ジェイソンデイ使用パターのスパイダー Itsy Bitsy LIMITED RED !

    ジェイソンデイの使用するあの赤いパターが発売になります。
    全世界1,700本の限定です。

    プロのセッティングで、他のクラブは体力の違いでそのまま真似る訳にはいきませんが、パターは体力に関係ないですから、良いものは取り入れたところです。
    Spider(スパイダー)といえば、テーラーメイド社のオートマチックなパターの名器です。
    このモデルは、「Itsy Bitsy(イッチビッチィー)」=小さな小さな赤い蜘蛛、J・デイ選手の故郷オーストラリアの小さな毒蜘蛛「セアカゴケグモ」をイメージしているとも言われています。

    ジェイソンデイ使用スパイダーソール
    スパイダーリミテッド レッドパターのソール

    これまで様々なカラーのヘッドをゴルフファーに提供してきたテーラーメイドですが、「赤いヘッド」はグリーンの緑のちょうど反対色に当たり、最もハッキリと輪郭を捉えられる視覚効果を利用しています。

    彼の要望でサイトラインの無いモデルにになっていますし、ネックも専用に作られたものなので、デイ選手の使用するPROTOモデルを、忠実にそのままとはいかないようですが、グリーンで「ヘッド全体の輪郭がハッキリ見える」という彼のこだわりは、十分に体感することが出来そうです。

    レッドスパパイダー 限定
    レッドスパイダー 限定発売

    ジェイソン・デイ選手が実際に使用しているのは、スラントネックのタイプのPROTOタイプのツアー限定モデルです。

    『ジェイソンデイ使用PROTOモデル』

    元になっている形は2008年に発売されたMONZA Itsy Bitsy Spider #3と、2012年に発売されたSpider Itsy Bitsy GHOST Limited Editionのようです。
    続きを読む 投稿 ID 2357



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • クラブセットの同じ振り心地を目指して。重さ・硬さ・クラブMOIの話

    アトミックゴルフでサポートさせていただいている、女子プロのクラブセットの状態を分析してみました。

    元気一杯で、素敵なキャラクターの彼女です!⇒『カンボジアの女子プロゴルファー チャン リナ選手』

    chanlina DW

    今、2016年のブラジル リオダジャネイロのオリンピック代表先行の試合に向けて、奮闘している選手です。
    契約のクラブを選手に合わせるサポートをさせていただいています。

    練習量が多いプロ選手でも、自分と・セットの他のクラブと、バランスが悪くあまりにも並びがかけ離れたクラブは、大きなミスを生んでしまう元にもなります。
    反対に、上手く自分のスタイルや体力・セットのその他のクラブと並びやバランスの良いクラブであれば、練習の効果は前者と大きく差が出てきます。

    自分の使っているクラブが、自分に合っているのか?

    続きを読む 投稿 ID 1702



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • クロカゲ シルバーを測定リシャフトして分かったこと。

     クロカゲ シルバーを測定リシャフトして分かったこと。

    三菱レーヨンさんのKUROKGE(クロカゲ)シャフトは、ローリー・マキロイやアダム・スコット、松山プロが使用していることで、注目を浴びています。

    今後春には、日本でもKUROKAGE XTシリーズが3月に発売予定です。
    今回測定したのはXTシリーズではなく、クロカゲ シルバーTiNi70/Sフレックスです。
    20150207-211656.jpg

    海外のツアープロが使用しているのは、『KUROKGE TiNi70XTS』というモデルのようなので、同じ70g台の近いモデルなのでしょうが、同じではないようです。

    続きを読む 投稿 ID 1880



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • 吼えるライオン エミリッドバハマEB-02ドライバーを調査

    吼えるライオン エミリッドバハマEB-02ドライバーを調査

    戦闘機ロゴでおなじみの地クラブ「グランプリ」の分家で、日本アマ出場者の選手達の使用率が、上昇中と言われているエミリッドバハマ。

    2014年モデルのEB-02ドライバーが、ちょうど入荷してきましたので、店舗で調べたデータを基に書かせていただきます。

    まずは外観から。

    1411-aest02

    やはりソールとフェースにデザインされてあるライオンのロゴにインパクトがありとてもかっこいいです。

    カラー違いのホワイトは、クラウンとソールのライン・ソールのライオンロゴがホワイトになります。
    元々ヤンチャなデザインですが、「更に!」と言う方にはホワイトをオススメします。
    今回のブラックは「内に秘めたヤンチャ心」といった方にオススメなデザインです。

    先ず、つかまり度合いを示す重心角をチェックします。

    20141211-141947.jpg

    EB-02のヘッドは、オートマチックなヘッドの返りを減らし、引っかかりを抑えたいという方にオススメできる数字でした。

    元々フッカーで左にしか行かない方には、このヘッドでフックを抑えてくれやすい数字です。

    また、フェース近くの2つのウエイトポートからも分かるように、重心が浅く低いヘッドです。

    スピンが多くなりがちなフェード系の弾道でも、ヒッカケを恐れずロースピンで伸びのある弾道が期待出来ます。

    ヘッドにはロフトの表示がありません。個体でのロフトで管理されています。

    打ち出し高いがスピンが少ないという方には、ロフト選びに注意が必要かもしれません。

    20141210-132802.jpg

     

    手元に入れられた独特の模様が特徴的な、純正シャフトのEB6.0を測定してみました。

    バハマ オリジナル EB6.0 長さ 振動数 換算フレックス
    フレックス S 45.5インチ 255cpm R相当

    長さ45.5インチで振動数は255cpm、フレックスはSですが手元の硬さを測る振動数でフレックス換算するとR相当の硬さとなります。
    Sフレックスとしては、軟らかめとなっています。
    つかまりを抑えたヘッドに手元がしなるシャフトで、いいバランスが取れているような数字でした。

     

    20141210-133024.jpg
    シャフトの中央部分の剛性を測定すると、平均よりもやや硬くなっています。
    Tip側は、ヘッド装着品の為、測定しておりませんが、測定数値はグラファイトデザインのツアーAD MT-6のSフレックスとほぼ同じ数値になっています。
    この結果から、ダブルアクションのタイプのシャフトだと予測されます。
    今お使いのクラブでひっかけが止まらないという方は、引っかかりにくいシャフトにされると、叩きにいっても左に行かない
    クラブを組むことも可能です。
    つかまるシャフトとセットアップすると、フェードヒッターに伸びのある弾道で、飛距離をもたらしてくれるクラブになります。

    吼えるライオンドライバーはコチラ⇒『エミリッドバハマEB-02ドライバー』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • スチールシャフトの性格を見る。

    スチールシャフトの性格を見る。

    NS950GHやダイナミックゴールドあたりが一般的で、ここ最近だと赤いNSシャフト Modus3や世界最軽量スチールシャフトのZelos7などが知られています。

    同じシルバーのクロムメッキされたシャフトで、重たいのと軽いシャフトがあることぐらいしか、認識の無い方も多いのが現状です。
    今回は、そんなスチールシャフトを比較して、今まで見えなかった性格を簡単ではありますが見ていきたいと思います。

     

    ステップと呼ばれる節(段々)によって、ネック側からグリップ側へと太くなっていきますが、太くなるとシャフトの硬度は上がり硬くなります。

    ネック側(Tip)の径 < グリップ側(Butt)の径

    ステップの間隔や1ステップで太くなる量によって、シャフトのしなり方(性格)を変えて特徴を出しています。 最初に挙げたNS950GHは、軽量シャフトにするべくシャフトの壁厚を薄くしてあります。 シャフトの壁厚を薄くすると、軽くなりますが軟らかくなってしまう為、シャフトの中央部分から手元にかけて太く設計されています。

    壁厚が薄い・細い=軟らかい  壁厚が厚い・太い=硬い

    ですので、どのように比較するのかによりますが、NS950GHは軽い割りに硬いシャフトだと言えます。

    チョット分かりにくいですが、シャフトの壁厚に注目してこの写真を見てください。 miru syahuto

    あまり見かけないシャフトも入っていますので、左から順に紹介すると、

    • 日本シャフト Zelos7 世界最軽量スチールシャフト
    • 日本シャフト NS950GH  最も知られた軽量スチール
    • 日本シャフト Modus3 今注目を浴びる中量スチールシャフト
    • FST KBS C-Taper 抑えた弾道で弾く重量級シャフト
    • 島田シャフト K’s120 デザインチューニング 高精度シャフト
    • トゥルーテンパー ダイナミックゴールド 超ロングセラー

    以上、パッと写真を撮ってみようと思い、工房内にあったシャフトです。

    注目していただきたいのは、一番右のダイナミックゴールドと同じく重量級の右から3本目、KBS C-Taperの壁厚の違いです。

    手元の硬いダイナミックゴールドは壁厚が厚く、KBS C-Taperは極端に壁厚が薄く作られています。

    ダイナミックゴールドは手元調子だと書かれているので、手元が軟らかいと思われている方が多いですが、手元が固く中央部分が軟らかいシャフトで す。

    ※硬い・軟らかいにもレベルがありますので、フニャフニャではありません。

    ダイナミックゴールドは、この手元と中央の硬さの落差が大きいため、非常に粘って感じます。

    一方のKBS C-Taperは手元が非常に軟らかく、中央から先が非常に硬いシャフトですので、こんなに薄く作られています。

    シャフトのバット側を、このように見る機会は、なかなか無いと思いますが、シャフトなどのパーツを単体で比較すると、様々な事が分かってきます。

    右上の写真で、これも分かりにくいですが、シャフトの中央部分はKBS C-Taperの方がダイナミックゴールドよりも太くなっています。

    手元 中央 弾道
    ダイナミックゴールド 硬い 軟らかい 硬い 粘り系で低弾道
    KBS C-Taper 軟らかい 硬い 硬い 弾き系で低弾道

    スチールシャフトでもカーボンシャフトでも同じことが言えますが、大きく分けて先が硬いと基本的に弾道は低くなります。 分かりにくい『弾き系』『粘り系』手元と中央部分の硬さの差によって味付けされていることが多いです。 素材で弾き感が出るものもありますので、全てでは無いですが。

    • 手元に対して中央が軟らかい ⇒ シャフトの戻りが遅く感じる (粘り系)
    • 手元に対して中央が硬い        ⇒ シャフトの戻りが早く感じる (弾き系)

    数値を特に知っていなくても、大まかな性格は部分の太さと壁厚で知ることが出来ます。

    この大まかな性格が、クラブセットの中で揃っていればいるほど、シンプルなゴルフが可能になります。

    ウッドとアイアン、「どちらかが調子いい日は、もう片方が当たらない!」そんな方はシャフト同士の性格の不一致が原因かもしれません。

    重さだけでなく、性格も知っておくことが大切です。



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ