• タグ別アーカイブ: 三菱レーヨン
  • 三菱レーヨン KUROKAGE(クロカゲ)BLUEを扱いました

     三菱レーヨン KUROKAGE(クロカゲ)BLUE

    KUROKAG(クロカゲ)にブラックとシルバーがあることは知っていましたが、ブルーはリシャフトにお持込で初めて知りました!

    ここ最近、松山英樹プロが使用したり、ローリー・マキロイが使用するなど、注目を浴びているシャフトですが日本では展開がないため、あまり知られていないシャフトです。

    珍しい機会ですので、測定させていただきました。

    KURO KAGE Blue 60 長さ シャフト重量 トルク キックポイント
    Xフレックス 45.5インチ  64.3g 3.9 中調子

     

    カムイTP-07 ガス発泡  振動数 クラブ重量 クラブMOI
    HW196g 275cpm(X) 311g 278万g-cm2

     

    ブルーというカラーリングから、同じ三菱レーヨンのディアマナのイメージから、割りとクセのないシャフトなのかと予測しましたが、調べてみると表が出てきました。

    kurokage

    Blackに近い剛性のようですが、先端部分がやや異なるようです。

    自社でも測定を行ってみました。
    結果は以下の通りです。
    手元が硬めで、手元の硬さのイメージから少し軟らかくなる中元部分。シャフト中心部分から中先部分はまたやや硬くなり、先端は、このシャフトの中では軟らかく平均的な剛性になっています。
    kurokage BLUE60S

    測定機材や測定位置のズレ等があると思いますが、手元が硬めのシャフトで、切り替えし後手元中部分が少しタメを作った後は、粘り感が少ないままインパクト前まで進み、軟らかい先端がそこからボールを持ち上げる動きをすると予測されます。

    写真ではシャフトのカラーが、やや緑がかって見えますが、日光の下では深い青色です。
    海を思わせるようなカラーで、「KUROKAGE」の文字のシルバーが映えるシャフトです。
    シャフトに合わせたグリップというのは難しいカラーでもあります。20141110-213814.jpg

    情報が少ないので、資料請求中です。
    追加で情報が入れば、更新したいと思います。

    クロカゲシリーズを装着したクラブはコチラ⇒『KUROKAGE装着クラブ』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • 2014年フブキ・ディアマナのNEWモデル情報!

    2014年フブキ・ディアマナのNEWモデル情報!

    雑誌などでチラホラ取り上げられていますが、2014年の後半に話題になること間違いなしの
    三菱レーヨンのNEWシャフト ディアマナとフブキの新商品の情報が入ってきました!

    ディアマナRFUBUKI ATです。

    両方共に赤いコスメが特徴のシャフトです。


     

    シャフト名 フレックス 重量 トルク 調子
    ディアマナ R60 60/S 64g 3.5 中調子
    FUBUKI AT60 60/S 64g 4.1 中調子

    シャフトはそれぞれ、ディアマナが9月1日 FUBUKIが9月19日の発売ですが、9月からの各社の新商品に搭載予定です!

    パッと見では、トルクが違うだけのような感じですが、中調子でもしなり方性格がこの2つ違います!imgo0804

    ディアマナR手元から中央部分が硬く、先端が柔らかいほぼ先調子に近い動きをします。
    やや小ぶりなヘッドや重心距離の短いヘッドと相性が良く、シャフトがプレイヤーのスイングをトレース。
    クラブの動きを把握したい中上級者にオススメです。
    スイング中は振った分だけ動き、インパクトで先端が走る事で加速する性能を持っています。

    フブキ ATは手元が柔らかく、中央部分が硬め、先端がやや柔らかいダブルキックシャフトのような動きをします。
    真ん中が硬くしならない中調子です。
    手元が柔らかいことで切り返しで大きくしなりが生まれ、中央部分が硬いことで振り遅れにくいシャフトになっています。
    先端がシャフト中央に比べてやや柔らかいことで、インパクト直前でわずかにアッパー軌道にしなることで
    打ち出し角をUPし、最近のスピンの少ないドライバーの打ち出し角を上げるシャフトです。
    個人的には赤いフブキが、血飛沫(チシブキ)みたいで、なんで青系のカラーリングじゃないのかシックリきませんが、

    同じころ発売されるフジクラさんのスピーダーのエボと、最新ヘッドとの組み合わせで面白い結果が出そうなシャフトで楽しみです。

     

    20140806-145447-53687466.jpg



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ