• タグ別アーカイブ: パター
  • パターの合う合わないを決定付けるもの

    パターの合う合わないを決定付けるもの

    自分に合うパターを見つけることが出来れば、思ったように打つことが出来、結果「よく入ります」

    パターが合う・合わないを多くの方は感覚で選んでいると思います。
    実際に選べているの方は、極僅か。

    プロでもほんの少しの方だけで、「あのプロが良いと言っていた」「話題なので入るかも?」といった感じです。
    スコアの35%~45%ほどを占めるパッティング。
    ですがパターを選ぶ際に、長さやヘッドの形状・グリップの太さなどですら、なんとなく選んでいませんか?

    DotB No.6 365gヘッド
    DotB No.6 365g 非対称マレット

    ピン型?マレット型?

    パターを選ぶときに、「ピン型・マレット型」の2種類で選択されている方が多いようです。
    「ピン型」は、芯が狭く上手く見える
    「マレット型」は、ヘッドが大きくやさしい
    もう少し詳しい方は、「ピン型」は弧を描くように振り、「マレット型」は真直ぐ振る
    といった感じを何かで読まれたり、どこかで聞いたりされたのではないかと思います。

    間違ってはいませんが、パターを使うプレイヤーが「弧を描いたストロークが安定するのか?」「真直ぐストロークするのが安定するタイプなのか?」が先です。

    実は、パターの合う合わないを決定付ける要因は他にあります。
    続きを読む 投稿 ID 290



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • パームバードグリップにスーパーストロークからグリップ交換

    開発中のパターをパームバードグリップに交換しました。

    パターのグリップセレクト スーパーストローク⇒パームバード

    Super Stroke FLATSO 1.0から、気になっていたパームバードグリップへ変更です。

    まず、スパーストロークのフラットソー1.0ですが、同じフラットソーシリーズにCCという、エンドキャップにウェイトを装着が出来るモデルが、この夏発売になりました。

    スパーストローク FLATSO 1.0
    スパーストローク FLATSO 1.0

    今回のグリップは、CCモデルが発売される前に取り付けしましたので、元からのモデルになります。

    Super Stroke FLATSO 1.0のメーカーページはコチラ⇒「Super Stroke FLATSO」

    SUPER STROKE FLATSO1.0
    SUPER STROKE FLATSO1.0

    太さのラインナップとして、「1.0」「2.0」「3.0」と3タイプあります。

    「スーパーストロークグリップ」と聞いて、すぐに連想されるSLIMシリーズに使用されている太いけど軽い素材「バイキャスト・ポリフォーム材」
    このFLATSOは、「2.0」と「3.0」にのみ使用されています。

    続きを読む 投稿 ID 2392



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ジェイソンデイ使用パター赤いitsu bitsyスパイダー

    ジェイソンデイ使用パターのスパイダー Itsy Bitsy LIMITED RED !

    ジェイソンデイの使用するあの赤いパターが発売になります。
    全世界1,700本の限定です。

    プロのセッティングで、他のクラブは体力の違いでそのまま真似る訳にはいきませんが、パターは体力に関係ないですから、良いものは取り入れたところです。
    Spider(スパイダー)といえば、テーラーメイド社のオートマチックなパターの名器です。
    このモデルは、「Itsy Bitsy(イッチビッチィー)」=小さな小さな赤い蜘蛛、J・デイ選手の故郷オーストラリアの小さな毒蜘蛛「セアカゴケグモ」をイメージしているとも言われています。

    ジェイソンデイ使用スパイダーソール
    スパイダーリミテッド レッドパターのソール

    これまで様々なカラーのヘッドをゴルフファーに提供してきたテーラーメイドですが、「赤いヘッド」はグリーンの緑のちょうど反対色に当たり、最もハッキリと輪郭を捉えられる視覚効果を利用しています。

    彼の要望でサイトラインの無いモデルにになっていますし、ネックも専用に作られたものなので、デイ選手の使用するPROTOモデルを、忠実にそのままとはいかないようですが、グリーンで「ヘッド全体の輪郭がハッキリ見える」という彼のこだわりは、十分に体感することが出来そうです。

    レッドスパパイダー 限定
    レッドスパイダー 限定発売

    ジェイソン・デイ選手が実際に使用しているのは、スラントネックのタイプのPROTOタイプのツアー限定モデルです。

    『ジェイソンデイ使用PROTOモデル』

    元になっている形は2008年に発売されたMONZA Itsy Bitsy Spider #3と、2012年に発売されたSpider Itsy Bitsy GHOST Limited Editionのようです。
    続きを読む 投稿 ID 2357



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • 2015 PGAショーに参加しました。ショー会場の周りでは。

    世界最大のゴルフ用品展示会 PGA Merchandise Show
    通称PGAショーに参加してきました。
    20150128-222403.jpg

    とても広い会場で行われる、ショーと前日のDEMOデーはあちらこちらで取り上げられていますが、

    会場になっている、コンベンションセンターのメイン会場以外でも、周辺で様々なメーカーがミーティング(商談)を進めているようです。
    20150123-135510.jpg
    そんな中、別会場でベティナルディのミーティングにもお邪魔させていただきました。
    ロバート・J・ベティナルディ氏ご本人にもお会いすることが出来、昨年のスコッティ キャメロン氏ボブ ボーケイ氏との出会いに続き、貴重な体験になりました。

    続きを読む 投稿 ID 1836



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • キャメロンのウェイト。形状や重量の違いを知っていますか?

    キャメロンのウェイト。形状や重量の違いを知っていますか?

    レングスによってウェイトが違うのは、ご存知の方も多いと思います。
    少し情報が古いかもしれませんが、33インチで350g・34インチで340g・35インチで330gと1インチに付き10gずつヘッド重量を変化させて作成されています。

    今も、ソールのウェイトをスタンダードなモデルは33インチには20gのウェイトが・34インチには15gのウェイトが・35インチには10gのウェイトがそれぞれ2個取り付けられています。
    国内では、タイトリストさんが販売やカスタムを行っていないため、あまりメジャーではありませんが、34インチに20gのウェイトが2個付いた(33インチ用のヘッド重量)ヘビーウェイトカスタムなど、ウェイトを変更するカスタムがあります。20141122-151104.jpg

    写真のように、専用の工具を用いて交換を行います。

    これまで、交換用のウェイトやレンチを扱っておりませんでしたが、先日より僅かですが取り扱うようになりました。
    このセレクトのニューポート1.5は34インチですが、先行発売される500本限定のファーストランの為、20gのウェイトが付いています。

    ウェイトのポートは、出荷後にウェイトが交換されることをあまり想定しておらず、振動などでウェイトが緩んで脱落したり、異音発生の原因にならないよう、ネジ止剤が付けられています。

    ポートのそこに見えるノリ状のものが、ネジ止剤です。
    20141122-151055.jpg

    カリフォルニアのモントレー1.5です。

    カリフォルニアシリーズとセレクトシリーズで同じ形状のウェイトが使われています。
    互換性があり、レンチがあれば手持ちのウェイトを入れ替えて使ってみるなど、チューニングすることが出来ます。

    しかし、全てのこの5穴ウェイトの形が同じわけでは無いようです。

    20141122-151112.jpg

     

    同じカリフォルニアのスクエアーバックのファーストランです。
    ウェイトポート一杯にネジが切られていたこれまでのウェイトと異なり、1段階小さいネジ穴が切られています。
    ファストバックとスクエアバックだけ、こうしたウェイト形状が採用されているようです。
    ウェイトを購入した後で気付く方も多いようですので、注意が必要です。

    20141122-151120.jpg

     

    形状が、ファストバックなどに近いですがGoLoは、ポートの端にネジがきってあるタイプです。
    様々なカラーや刻印の異なるウェイトが出回っていますが、カラーを変更するだけでも、印象が変わります。
    今回はセレクトのGoLo5 34インチを32.5インチにシャフトカットする為の調整を兼ねて、15g⇒30gに変更です。

    20141122-151140.jpg

     

    元の15gは、ウェイトの中央部分がくり貫かれています。
    ポートの深さに限度があるので、これ以上の重量のウェイトが必要な場合は、比重の重たい素材で作成する必要があります。

    ウェイトの緩み防止に、ゴムパッキンがウェイトに付いていますので、度々交換するものではありませんが、接着したりする必要は無いように感じます。

    20141122-151148.jpg

     

    カラーが変更されると、見た目のイメージがグッと変わります。
    ヘッドが30g重たくなると、「これだけ違うのか!」というほど、重量感を感じます。
    非常にゆったりとストロークできます。
    シャフトに余計な負担がかかり、しなりが出るかと思いましたが、打って体感できるほどの差は感じませんでした。
    交換前との比較です。 バランスは重要視していませんが、気になる方の為に。

    GoLo5 34インチ 総重量 スイングウェイト クラブMOI
    15g×2コ 550g D4 276万g-cm2
    30g×2コ 581g E6 301万g-cm2

    キャメロンのパターはコチラ⇒『スコッティーキャメロン カテゴリーへ』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ