• Category Archives 新商品ウェッジ
  • ギア情報 » 新商品情報-クラブ » 新商品ウェッジ
  • 姫路の軟鉄鍛造 職人一家 藤本技工考案『100切りウェッジ』

    姫路の軟鉄鍛造 職人一家 藤本技工考案『100切りウェッジ』

    あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。
    当Laboでも、日々のお客様のご注文やオーダーメイドで大変お世話になっている、製造元さんのウェッジが話題になっていますので、ご紹介させていただきます。
    P1079972

    姫路の軟鉄鍛造アイアンやウェッジを手がける藤本技工さん。

    3代に渡り国産アイアンを作り続けている、軟鉄鍛造クラブ一族さんです。
    そんな職人一家が、家族会議で『100切りウェッジ』を考案されて週刊ゴルフダイジェストさんの1/20号に特集されました。
    gd00-300

    右下の「職人たちが考えた やさしいクラブ 100を切るウェッジ&パター」の記事です。

    作り手だから考え付く工夫や、数値には出てこない感性に訴えかける部分が職人技です。

     

    P1079996

    今日も、お願いしているウェッジの打ち合わせをさせていただきましたが、反響がかなりあり問い合わせが続いているようです。
    当Laboでも、来店されるお客様の一人ひとり違う、悩みに対応するクラブをご提案しておりますが、形作る職人さんあってのことです。

    興味深く拝見させていただきました。
    FG100WG

     

    「上げて止まる」ウェッジが持てはやされがちですが、始めから無理に上げなくても良いウェッジには大賛成です。
    同じ鍛造から作っていただいている、Laboでお客様と作って商品化した

    Koshiraeウェッジの『モデル 松』が、正に同じタイプのウェッジです。

     

    P1079988

     

    バウンスもローバンスが多いですが、バウンスとソールを上手く使えるウェッジであれば、バウンスは大きめ方が初中級者には、オススメです。
    『たまに出るナイスロブショットよりも、滅多に失敗しないナイス ランニングアプローチ』

    これが確かに100切りには効果的です。

     

    P1079998

     

    藤本技工 ロフト ライ角 バウンス ヘッド重量
    100切りWG 55.0度 64.5度 16度 302g

     

    もちろん、世界に誇る軟鉄鍛造技術で作られていますので、フェースにボールが吸い付く、軟らかな打球感が初級者にも体感できます。
    ボールを、クラブを振った方向に運ぶ為には、重要なポイントです。

     

    ◆藤本技工 100切りウェッジの案内ページはコチラ⇒『藤本技工 100切りウェッジ』

    ◆藤本技工さんとアナライズさんのコラボレーションウェッジはコチラ⇒『FGアナライズウェッジ』

    ◆ザックリなどお客様の悩みから生まれた姫鍛ウェッジはコチラ⇒

    『ハンドメイドウェッジ Koshirae』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • 特に飛ばない方へ、冬用のウェッジあります。

    特に飛ばない方へ、冬用のウェッジあります。

    気温が低くなってくると、色々なものが硬くなります。
    プレイヤーの身体に始まり、ボール・シャフト。
    これらが硬くなると、気温が高かった時に比べ、つかまりが悪くなり飛距離が出なくなります。
    コースでも、硬くなるものがあります。
    霜を含んだバンカーなども硬くなってきます。
    出来れば、冬場のバンカー特にグリーン手前のバンカーは避けて通りたいものです。

    ミート率という数値があります。

    ボールの初速をヘッドスピードで割って、スイングのスピードをどのくらいボールに伝えられているかを示す割合になります。
    ドライバーで、最大1.5(スイングスピードの1.5倍でボールの発射が可能)、アベレージゴルファーの平均で1.37となります。

    数値は弊社でのデータですので、参考までに。

    ドライバーは飛距離を中心に考える為、比較的に良く知られていますが、#7IやSWになると、このミート率がどのようになるのか、ご存知の方はあまり多くないと思います。

    スイングスピード42m/s ドライバーの飛距離で平均230y前後を打てる方の算出データーです。

    スイングスピード(m/s) ボール初速(m/s) ミート率
    1W 42.0 58.8 1.40
    #5W 38.4 52.4 1.36
    #7I 33.5 41.7 1.24
    SW 30.1 26.3 0.87

     

    ロフトの最も少ないドライバーは、クラブヘッドがボールに伝える力の方向と、実際にボールが飛び出す方向が近い為、フェースの反発もあり、1.40倍で打ち出されています。
    クラブの長さが短くなる為、徐々にスイングスピードが下がってきます。
    ロフト角が大きくなっているのに伴い、クラブヘッドがボールに伝える力の方向と、実際に打ち出される方向がかけ離れていく為、表には書いていませんがPWでボールスピードはスイングスピードの1.06倍となり、AW・SWでは1倍を切ってしまいます。

    つまり、ロフト間隔が同じ刻みであっても、ロフト角の大きいクラブは「ロフト角に比例する以上に飛ばない」ということです。

    飛ばない方のほとんどの方が選択される「飛距離系アイアン」
    PWが43度やもっとロフト角の少ないアイアンも少なくありません。
    しかも、フェースに反発素材を使うなど、ボール初速を上げる工夫がなされています。

    それに対して、打球感に優れるものの軟鉄のアイアンは、大きな反発を生みません。

    一般的に選ばれているロフト 4度ピッチの場合 Koshirae 竹の場合
    PW 43度 43度 (43度)
    AW 50度(7度) 47度(4度) 47度(4度)
    SW 56度(6度) 51度(4度) 53度(6度)

    アイアンにカーボンシャフトを使われていて、ボーケイやクリーブランドのスチールシャフトのウェッジを使用されている方は、更にスイングスピードも遅くなる為、ロフトからイメージする飛距離に対して、実際の飛距離は「かなり短く」なります。

    結果、「グリーンに一歩届かず手前のバンカーへ・・・・」が生まれるわけです。

     

    軟鉄でも、飛距離系アイアンと並びに入れても、イメージ通りの飛距離が出るようにテストを重ねて作ったウェッジがあります。
    表の右に記載したKoshiraeのモデル竹です。

    飛距離不足を感じている方へ限定したウェッジです。

    最初に書きました、色々が硬くなるこれからの季節、グリーン手前のカチコチのバンカーから大怪我をしてしまっている方。
    残り100y以下から、飛距離不足でそのピンチを招いている方に、オススメです。

    特に、グースネックの飛距離系アイアンから、軟鉄ウェッジに持ち替えたらボールがつかまらない方には一押しです。

    PWに43度を使用している方が、「AW・SW」をイメージ通りの飛距離で打つために必要なロフトを実打から導き出しました。

     

     

    20141208-180634.jpg

     

    飛距離系のアイアンから持ち替えても、小さく感じないヘッドサイズと、シッカリとしたつかまりを生みながら構えやすい形状になっています。

    寒い時期に特にグリーンをショートしてしまう方にオススメです。
    カーボンシャフト装着モデルも追加作成!

                     ⇒『ハンドメイド 荒研磨ウェッジ モデル竹』

    ◆ハンドメイドウェッジ Koshiraeのサイトはコチラ⇒『コシラエウェッジ専門店』

    ◆アトミックゴルフのウェッジコーナーはコチラ⇒『200商品以上のウェッジを販売』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • クリーブランドの新作 松山プロモデル フォージドウェッジ

    クリーブランドの新作 松山プロモデル フォージドウェッジ

    PGAツアーで活躍する松山英樹プロは、渡米前からウェッジはCG17を使い続けていました。

    このCG17も松山プロ仕様に研磨されたスペシャルだったようで、この度、588RTX2.0のプレシジョン フォージド ウエッジを作る際に、そのスペシャルCG17を型取りして作成が行われました。

    20141112-121222.jpg

    上の写真では、違いが分かりにくかったので、もう一枚。

    左は588RTX2.0のウェッジです。

    丸みの具合やヒール上のトップラインの形などが、全くの別物なのが分かります。20141111-232237.jpg

    金属の色合いも違って見えます。

    今回、素材はS20Cの軟鉄鍛造ですが、同じく軟鉄鍛造で作られている、スリクソンのZ725と比較して、溝やソールの磨耗を防ぐ為に、焼きなましを行っていないとの事でした。

    通常の588RTXの方が、スコアラインがハッキリ見えますが、これは意図的にスコアライン内のメッキをブラスト処理されないようにメッキの鏡面を残している為です。

    同じようにフェースのミーリングはされていますが、素材の違いとメッキの処理とで、少し異なった仕上げに見えます。

    ロフトを寝かせてもう一枚撮ってみました。20141111-232253.jpg

     

    リーディングエッジの丸みが少なく、アイアンのPWからの繋がりが強く感じるシェイプになっています。

    リーディングエッジのトゥ部分も研磨が、バーチカルラインのすぐ後から立ち上がっているので、つかまり過ぎる印象がなく、リーディングエッジの丸みの少なさの割りに、開いても違和感のない形に仕上がっています。

    ここまで形状を変えてしまうと、『588』と名前がそのままで良いのか、疑問ですが。

    バンスの選択はありません。

    モデル 588 RTX 2.0 プレシジョン フォージド ウエッジ
    ロフト角(°) 48 50 52 54 56 58 60
    バンス角(°) 8 10 12 10
    ライ角(°) 64

     

    20141111-232303.jpg

    1本のウェッジに3種類の仕上げを使ったこれまでにないウェッジです。

    ソール部分からネック部分は、ブラストが掛けられており、梨地の仕上げがなされています。

    バックフェース部分は、サテン仕上げがされています。
    最後にバックフェース下のソールのグラインドされた部分はミラーメッキ仕上げになっています。20141111-232313.jpg

    20141111-232328.jpg

    発売後に、カラーカスタムの対応があります。
    今のところ松山プロはクリーブランドのマークロゴがスカイブルーで、文字ロゴは白のカラーリングを使用しています。

    開発に携わった方とお話しましたが、プロトタイプではなく52度と56度はこのモデルと全く同じヘッドを気に入って、そのまま使っているようです。20141111-232352.jpg独特のミーリングが、トゥのバーチカルラインを超えた部分も入られれて、光の具合では構えて見えることもありますが、使用プロはこぞって「気にならない」とコメントしているようです。

    つかまりすぎを押さえながら、真直ぐにも開いてでも打てるウェッジが好みな、松山プロのファンにオススメです。

    発売日は2015年3月の予定です。
    カラーカスタムは2015年の4月から受付開始です。
    ご要望の多かった80g台のカーボンシャフトもラインアップされます。

    ◆ クリーブランド588RTXウェッジはコチラ⇒『クリーブランド588RTX』
    ◆松山プロ監修ウェッジはコチラ⇒『588RTX2.0プレシジョンフォージフォジド』

     

     



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ