• Category Archives 本来あるべき姿クラブMOI
  • クラブセットの同じ振り心地を目指して。重さ・硬さ・クラブMOIの話

    アトミックゴルフでサポートさせていただいている、女子プロのクラブセットの状態を分析してみました。

    元気一杯で、素敵なキャラクターの彼女です!⇒『カンボジアの女子プロゴルファー チャン リナ選手』

    chanlina DW

    今、2016年のブラジル リオダジャネイロのオリンピック代表先行の試合に向けて、奮闘している選手です。
    契約のクラブを選手に合わせるサポートをさせていただいています。

    練習量が多いプロ選手でも、自分と・セットの他のクラブと、バランスが悪くあまりにも並びがかけ離れたクラブは、大きなミスを生んでしまう元にもなります。
    反対に、上手く自分のスタイルや体力・セットのその他のクラブと並びやバランスの良いクラブであれば、練習の効果は前者と大きく差が出てきます。

    自分の使っているクラブが、自分に合っているのか?

    続きを読む 投稿 ID 1702



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ATTAS6 アッタスロックスター 7Xから6Xへリシャフト

    ATTAS6 アッタスロックスター 7Xから6Xへ

    アッタス6 ロックスターの7Xから6Xへのリシャフトを行いましたので、Xフレックス同士の差を見ていきたいと思います。
    今回、リシャフトですがヘッドの重量をシャフト交換と同時に変更しましたので、比較の際に注意が必要です。
    20141209-203740.jpg

    ATTAS6 長さ シャフト重量 振動数 スイングバランス 打ち込み寸法
    6X 45.25インチ 64.5g 275cpm D2.5 30mm
    7X 45.5インチ 73.6g 281cpm D3 30mm

    今回、ヘッドのウェイトも変更している為、比較しにくいですが、クラブMOIは7X 283万g-cm2⇒6X 281万g-cm2でした。

    シャフトの重量変化よりも、クラブMOIはヘッドの重量変化と長さの変化に、大きく影響を受けることが分かります。

    フレックスを換算すると

    アッタス ロックスター 換算フレックス
    6X Xフレックス
    7X Xフレックス(XXに近い)

    このように、6Xから7Xへの変更の際は、シャフト硬度はアッタスロックスターの場合0.5フレックス程度硬さを増します。
    一般的に、カーボンシートの巻き数を増やすことで、シャフトの重量を増しています。
    同じシャフトの性格を出来るだけ踏襲するように、シートの種類を同じように数を増せば、必然的に硬度も上がっていきます。
    シャフトの重量を10g上げ重くする場合、0.5~1フレックスは硬度が上がることを覚えておくと、「6X⇒7Sにするのか?7Xにするのか?」や「ドライバーのイメージのまま振れるFWのシャフトは?」を考える際に役に立ちます。

     

     

     

     

    20141209-204036.jpg

     

     

    ATTAS6について以前調査した記事はコチラ⇒『ロックスターの性格について迫る』

    AtomicGolf Laboのこれからの課題として、プレイヤーが求めている振り心地に対して、よりベターな提案が出来るようになる必要があります。
    シャフトの硬度・シャフトの重量・ヘッドの重量・クラブの長さ・クラブMOIをどのように変化させれば、よりイメージに近い状態になるのかを追求していきたいと思います。

    ◆ATTASロックスター装着のクラブはコチラ⇒『ATTAS6 ロックスター装着クラブ』

    ◆ATTASメーカーHPはコチラ⇒『USTマミヤ ATTAS6』



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ディアマナB50のXフレックスに注目!長くするなら軽くせよ!

    ディアマナB50のXフレックスに注目!長くするなら軽くせよ!

    クラブMOIを取ると、どうしても気になるドライバーとその他のクラブのクラブMOIの差。

    もしもティーアップしたボールでも、同じリズムで振れるのなら理論上はアイアンと同じクラブMOIのドライバーで良いはず。

    が、アイアンにダイナミックゴールドを使う男子プロは、これまでこぞって70g台の重たいシャフトをドライバーに挿してきました。
    ここ最近の重量の重いヘッドの流行と、やや長尺傾向にあることも手伝って、60gはたまた50g台のシャフトを使うプロも増えてきました。

    長くしても、硬さの面でアイアンのシャフトと近いフィーリングで振れる、クラブMOIを近付けられるような『軽いシャフトが無かった』と言うことかも。

    ラインアップが少ない『50g台のウッドシャフトのXフレックス』

    長く(長尺)するなら軽くする!

     デイアマナシリーズ装着クラブはコチラ⇒「ディアマナ シリーズ装着モデル」

    今回は、強弾道のツアーADのVⅡ B50と素直シャフト ディアマナB50 Xフレックスの組み合わせ!

    ヘッド重量 シャフト重量 グリップ重量 振動数
    ヘッド アストロ ツアーVⅡ 191g 60g 48g 268cpm(X)
    シャフト ディアマナ B50 X クラブ長 クラブ重量 打ち込み クラブMOI
    グリップ ND MCC M60R 47インチ 302g 33mm 285万kg-cm2

    参考までにスイングバランスはD3です。

     

    20141006-024413.jpg

     

    今回のお客様は、アイアンにモーダス3 120 Sフレックスを使用中です。

    モーダス3のアイアンクラブMOIは275万kg-cm2前後。

    シャフトも違いヘッドも異なるので、単純比較できないが、この状態で約10万kg-cm2の差になる。

    ドライバーで飛距離を追求するあまり、リズムが早くなりがちな方には、程よいクラブMOI差と言える。

    20141006-143711.jpg

    ディアマナBはNS モーダス3 120とは、曲率分布も似ています。

    『アイアンと同じスイング』 で 『同じ弾道を』 と言う、シンプルで『結果を出やすいゴルフ』が可能になりそうです。
    お渡しは、クラチャン予選が終わってから。お楽しみに。



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • スイングのテンポは、速いか遅いか?

    スイングのテンポは、速いか遅いか?

    ParGolfさん調査では、57%の方が「自分のスイングテンポは速い」と回答しています。
    実に6割に迫るゴルファーが、テンポが速いと認識しています。
    よく店舗でも耳にする言葉で

    • 「打ち急ぐと力んでミスが出る」
    • 「テンポが速くなると引っ掛ける」
    • 「苦手なクラブはテンポが速くなる」
    • 「ゆっくり振ろうと思うとリズムが合わない」

    などなどが聞かれます。

    NS950R クラブの軽量化によって自分の体力以上に、クラブMOIの小さいクラブを振っている可能性があります。

    ゆっくりしたテンポがすべて良いとは思いませんが、ゆっくりしたテンポでスイングできた時の方が、良いショットが打てるのであれば、テンポダウンできるクラブを用意するべきだと思います。

    特にテンポの速くなりやすい苦手意識のあるクラブは一度、調子良く振れているクラブとの差を測定してみることをオススメします。

     

     同じテンポで振ることの出来ないクラブが混じっていると、テイクバックのテンポが取れず、スイングのスタートに時間が掛かります。

    振り始めまでに時間が掛かると「ちゃんと振れるだろうか?」や「アドレスの向きは、正しいだろうか?」など、不安が出て来ます。

    スイングのテンポどころかラウンドのリズムもバラバラになってしまいます。

     スイングのスタート時と共に、テンポを崩してしまいがちなのが、切り返しの時です。
    スイングのスタート時と、切り返しの時に大きく影響するのが、このAtomic Golf Laboブログで何度かご紹介している、『クラブMOI』です。

    クラブの『動かし難さ=振りやすさ』を示すクラブMOIは、テイクバックへの始動時とトップからの切り返しの時に、必要となる力量です。

    • クラブMOI>力量  テイクバックの始動・切り返しに時間が掛る ⇒ テンポが遅くなる
    • クラブMOI<力量  テイクバックの始動・切り返しがすぐ出来る ⇒ テンポが速くなる

    ゴルファーは、実際にボールを打つ前にクラブMOIと硬さにスイングを同調させる動きをします。
    ワッグルや素振りがその同調行動です。
    日本のゴルファーの中心年齢層が上がるにつれ、各メーカはどんどんと軽量のクラブを発売する傾向にあります。

     

    CBN

    「早撃ち」なんて呼ばれる、

    小さすぎるクラブMOIによって、「テンポの速い手打ち」が、

    生み出されてしまいます。

    気をつけてクラブを選ばないと最近特に増加の傾向にあります。

    アイアンのスチールシャフトが重たく感じるので、いきなり軽量のカーボンシャフトへの買い替えが多いです。

    しかし、一気に3~4段階軽くすることで、クラブMOIも小さくなってしまいます。

    替えたすぐは振り回せて楽に飛ぶ気がするものの、「早打ち」になってしまいます。
    カーボンも70g台など、重量がある程度あるシャフトがラインナップされていますので、リシャフトも考慮に入れて

      クラブMOI=力量 自然と同じテンポでスイングできる

    理想のスイングテンポを考えながら、クラブを選んでいきましょう。

     



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • なぜ52度だけ調子が悪い?

    なぜ52度だけ調子が悪い?

    ボーケイのカスタムを使用のお客様から寄せられた謎?

    そろいで購入した58度は、鉛で調整したところ「思った飛距離が出て良い感じ!」
    なのに、52度はなぜだか飛ばないし、引っかかる。

    長さはPW36インチ、52度36インチ、58度35.5インチ
    飛ばないとのことで、52度のロフトも測定しましたが52.5度とそれほど寝ていたりすることも無いようです。
    ライ角も測定して見ましたが、52度の方が0.5度ややフラットぐらいでした。

    このウェッジと、使用のアイアンのクラブMOIを測定してみました!VW52

    得意だと言われるPWと58度はほぼ同じクラブMOI値でした。

    が、52度は数値がPW・58度と比べて大きく、あまり得意ではないと言われたミドルアイアンに近いクラブMOI値でした。

    同じイメージでスイングすれば、必ずテンポは遅れスピードに乗りません。

    反対にテンポを合わせる為には、PWや58度よりも力を大きく加えて振る必要があります。

    「柔らかく感じる」とのことで、シャフトのチップ側を0.5インチカットして長さを58度とそろえて、得意なクラブとクラブMOI値がほぼ揃うように調整を入れました。

    結果は、明日もラウンドがあるそうなので、実戦で検証です。
    上手くいく予感がします。

    クラブ コメント クラブMOI
    得意 PW・58度 自信持って打っていける やや小さい
    不得意 #3I~#5I・52度 ティーUPすれば打てるが クラブセットの中では大きい



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • クラブMOIを揃えてみた実例

    クラブMOIを揃えてみた実例

    先日アイアンのクラブMOIを合わせたお客様から、使用後の感想をいただきました!

    クラブMOIを合わせるまでは、長い間ずっと「ショートアイアンの打点がトゥに寄っていた」事を気にしてきた T様
    クラブMOIをセットで揃えた後は「セット全体の打点が揃うようになった。」と。
    これまでのように「ショートアイアンだから気を付けないと」っといった、番手による気遣いが減ります。

    クラブMOIを測定ししてみると、従来のスイングバランスで管理されたクラブセットには、次のことが起こっています。
    ・長いクラブMOI値が大きく、短いクラブではクラブMOI値が小さい。

     

    つまり、それでなくてもロフト角が小さく難しい「長いクラブほど振り切るには大きな力が要り」
    クラブMOI値の大きい長い番手と同じ力で「短いクラブを振った場合、振り切れ過ぎてしまう」
    クラブMOIをそろえたクラブセットにすることで、持つ番手で気をつけることが減ります。

     

    これにより、よく話に聞く

    「ロングアイアンが振り切れないので力む」「ショートアイアンがヒッカケか、緩め過ぎてショートする」など、
    番手を持ち替える事によって、振り心地にが元々異なるクラブを同じように振ろうとする努力が不要になり、
    これまで以上に「より縦の距離」「落とし所」「スピンコントロール」「高さ」などに集中してプレーできているとのこと。

    仕様はヤマハ インプレスV フォージドにNS モーダス3 120のSフレックス。

    (NS モーダス3 120装着モデルはコチラ⇒NS modus3 120 装着モデル

    バックフェイスに鉛テープを重心周辺に貼り調整を一緒に行いました。

     

    続いて、半信半疑で#5IからPWをリシャフとついでにクラブMOI調整をした当店スタッフのI君。
    #8Iと#9Iで起こっていたヒッカケが出なくなりました

    ミズノさんのMPシリーズのアイアンですが、元々PWのクラブMOI値が高く設定されたクラブでした。
    「#3I・#4IもクラブMOI調整をしないと打てない!」と言っています。

     

    先出のT様のご紹介でスリクソンのZ725をNS モーダス3 120のXにリシャフとついでにクラブMOI調整を行ったT様。20140731-234728-85648436.jpg
    「ワッグルしても、目をつぶると#5IとPWの違いが分からない」と

    同じイメージでスイングできて、先日のマッチプレーで周囲を驚かす精度のショットを連発されたようです。

     

    そもそも、これまでのクラブ設計(ヘッド重量、シャフトのステップなど)が、スイングウェイトを軸に考えられている為、これかの組み方にまだまだ追及の余地が多くありますが、自分の振りやすいクラブMOI値にしっかりと揃ったクラブセットは、予想以上にシンプルなスイングで結果が出ます。

     

    逆に、振りやすいクラブMOI値とそうでない
    クラブMOI値のクラブが混在しているクラブセットでは、複数のスイングや手先での調整がかなり必要だということです。
    まだまだ始めたばかりで未知な部分も多いですが、常に進化しながら自分に合う自分だけのクラブを追求していきます。

     

    ドライバーとアイアン、フェアウェイとユーティリティー、ドライバーとフェアウェイの重量関係は、いつも頭を悩ませる問題です。
    フィッティングするときにクラブ全体の流れ⇒ 長さのフローや重量・硬さのフローをどうセッティングしていくのか?

     

    数字が揃っているから、上手く打てるのではなく、上手く打てている方の例をしっかりと計測させてもらって、実打に基づいた理論を新たに見つけてみたいと思います。

     



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ゴルフクラブのバランスはもう旧い? その2

    スイングバランスはもう旧い?

    前回は「スイングバランスとは何か」から
    スイングバランスは、
    「ヘッドの利き具合」の目安に過ぎず、ゴルフクラブの「振りやすさ」の目安ではありません。 という話を書きました。

    長い間、盲目的に重要視されて疑いの目さえも向けられてこなかったため、受け入れられにくいことですが、事実です。

    そして、そのスイングバランス1ポイントは同じクラブでヘッド重量のみを調整したとしても、
    毎日クラブを握るツアープロでも容易には違いを感じ取れないぐらいの差です。

    しかし、それではスイングバランスは全く役に立たないということではありません。(結末は文末にて)

    その前に、前回出した例にもう一度触れておきたいと思います。

     

    ●シャフトの重さが違うD1

    ex:スイングバランスD1のダイナミックゴールドの装着された重たいアイアンと、
    同じバランスD1のシニア向けの軽いカーボンシャフトのアイアンとを比較した場合。

    スイングスピードが平均以下の方がスイングしたとして、スイングバランスが共に D1 であったとしても、
    重いシャフトが装着されたアイアンの方が振り難く、軽いカーボンシャフトが装着されたアイアンの方が振りやすいはずです。
    ↑の例から考えて分かるように、同じスイングバランスのクラブは同じ振りやすさではありません。

    ゴルフクラブの振りやすさをやヘッドの利き具合は、クラブ重量(シャフトやグリップなどのパーツ重量)や
    長さが異なるゴルフクラブを
    スイングバランスで比較することは出来ないということです。

    スイングバランスの測定方法から分かること

    スイングバランスは測定方法を見ても分かるように、静的(止まった)状態ヘッド重量の割合を示す記号です。
    静的な状態での、クラブ総重量内に占めるヘッドの重量割合をグリップエンドから14インチを支点に示しています。
    難しくなってしまいましたが、止まっているクラブのグリップエンドから14インチのところに支点を作って、
    「グリップをどのくらいの力で押せば吊り合うのか」で感じるヘッドの利き具合を示せるということです。

    ●バランスはヘッドの利き具合なのか?14インチの謎

    「なんだ、やっぱりヘッドの利き具合を測れるじゃないか!」とよく言われますが、
    現在のグリップの長さは一般的に26cm、インチに直すと約10.2インチです。
    バランス計が役に立っていた時代は、グリップの長さが14インチ~16インチあり、そこから14インチ測定法の「14インチ」は来ているようです。
    今となっては、利き手をグリップエンドから14インチの部分(グリップ下 約9.6cmのシャフト部分)握り、
    もう片方の手でグリップエンドを握って振るのなら大変意味のある記号になります。

    ●こんな誤解が!

    「グリップエンドから14インチのところに鉛を貼れば、振り心地を変えずに重量が増やせる」的な説明をしているところを
    チラホラ見ますが、少し考えれば、バランス計の測定方法に合わせて鉛を貼れば、測定器上は変化は無いでしょう。
    ですが、振り心地は確実に重たくなります。
    極端に考えれば、Doのドライバーにグリップエンドから14インチのところに、1kgの鉛の塊を取り付けて測定しても、
    確かにD0のままですが、確実に振れません(笑)誤解が生まれています!

    ●もう一度、比較は不可能!

    前回の繰り返しになりますが、
    未だにシャフトの重量が異なる新しいクラブを購入する際に、スイングバランスを重要視している風潮がありますが、
    ウッドまでスチールシャフトでシャフトやグリップ、長さの選択の余地が無かった昔であればいざし知らず、
    シャフトがドライバーで30g~90g、アイアンで40g~130gまで種類がある今、
    異なるクラブを「スイングバランスで比較することは不可能」です。
    メーカーも十分そのことを分かっていますが、消費者の意識が付いて来れない為に、止める事が出来ない状態です。

    スイングバランスって意味があるの?

    それでも、常識的なスイングバランスは存在します。

    一般的な男性向けに作成されたゴルフクラブは、常識的な長さで組み立てれば、C8~D4ぐらいのスイングバランスに、
    女性向けのゴルフクラブはB8~C5ぐらいのスイングバランスになります。
    ウェッジ類は、フルスイングを前提にしない物ものありますので、この範囲に入らないものもあります。
    基より、測定をすることはほぼありませんがグリップやヘッド、シャフト構造が完全に異なるパターを
    同じスイングバランスという基準で測ることは全く意味が無いと考えられます。

    ●新しい技術は、もっとバランスでは見ることが出来ない。

    最近のシャフトでFubuki Jシリーズは、重たいヘッドを付けても(長くしても)手元側に比重の重たい素材を組み込んで、
    シャフトのバランスポイントを手元寄りに設定することで、振り切れるように設計されています。
    全体重量やスイングバランスだけでは見ることが出来ない部分です。

    ●クラブMOIとスイングバランス

    今後、クラブMOIを通してカウンターバランスの効果も見ていけるようになると思います。
    動的なスイングバランスともいえるクラブMOI使って振りやすさを揃えたセットの組み立てデータを収集すると、
    同じ振りやすさ(同じクラブMOI値)を長さの異なるクラブで作り出すと、スイングバランスはフローする事が分かっています。

    このことから、今後は、「スイングバランスを揃えるという使い方ではなく、フローさせるという使い方に今後変わってくる」と思います。のではないでしょうか?

    20140628-004442-2682245.jpg



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • 振りやすさの揃ったアイアンセットを作成!

    振りやすさの揃ったアイアンセットを作成!

    お客様の協力を得て、組み立てが進んでいます。
    素材はアマチュアで最年少プロツアー優勝の勝 みなみさんも使用の
    「スリクソン Z725アイアン」

    シャフトはスチールらしい粘り感とインパクトにキッチリ戻ってくる正確さで評価の高い
    NS モーダス3 120のXです。カット後の使用重量が110g前後の中量スチールシャフトです。
    ダインミックゴールドから少しの軽量化を考えてリシャフトして、非常に違和感の少ないシャフトです。
    S200からはモーダス3 120のXフレックスが、X100からはモーダス3 120のSフレックスがオススメです。
    この組み合わせで#5I~PWの6本を、メーカー規格と同じ長さでの組み上げです。

    ここ一ヶ月でこのスリクソンZ725アイアンを組み立てするのは2度目。
    前回は、クラブMOI測定器が届く前でしたので、従来通りスイングバランス合わせで組み立てしました。

    まずは各パーツの準備を行っていきます。
    今日は、それぞれをパーツの状態にしてクリーニングまでです。
    明日から本格的に調整していきます。
    今回、クラブMOIマッチングで組み立てしますので、色々と分かってくると思います。
    さてさて、楽しみです。

    20140707-020708-7628356.jpg



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • ツアーAD MT-8 モンスターRMXドライバー!

    ツアーAD MT-8 モンスターRMXドライバーを納品させていただきました!

    ヤマハさんのRMX 01ドライバーにツアーADのMT-8(X)を装着したモンスタードライバーです。
    グリップにGolf Prideのツアーラップ2Gのホワイト(56g)を装着しました。
    長さ:45.5インチ
    重さ:337g
    振動数:275cpm(X)
    クラブMOI:2,866kg-cm2

    もの凄い調子がいい!とのこと。
    クラブMOIが2,866kg-cm2は、ここ最近計測した中では最大値です。

    ダイナミックゴールドのシャフト装着アイアンを測定すると
     #5IのクラブMOIは2,660kg-cm2前後です。
    その差206kg-cm2

    大体、ティーアップしてほとんど打つドライバーと、ベタ(地面)から打つことの多い
    アイアンでは、ドライバーの方を100kg-cm2増やす事で、思い切ってある程度振る際の
    「振りやすさ」を合わせる事が出来ますが、パワーやドライバーに掛ける意気込みによって
    差を設けることが必要なようです。

    この負荷で安定するということは、フェアウェイウッドも次回考えられているとのことなので、
    さて、シャフトを何にするかじっくりお客様と相談ですね。

    モンスターRMXドライバーでした。

    20140705-114743-42463181.jpg



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ
     


  • トップアマのセッティングは何が違うのか?

    トップアマのセッティングは何が違うのか?

    実際にトップアマの方のセッティングを測定してみると、
    データと感覚が一致しているなと感じることが良くあります。

    「それほど練習熱心でもなさそう」
    なのに、一緒に回ると
    「大きな差を感じる」
    そんな方の秘密をチョットだけ。

    最近、当Atomic Golf Laboでも取り入れたクラブMOI(慣性モーメント)測定器で、
    メンテナンスや組み立て時に出来るだけクラブセットを測定させてもらっています!

    すると、ドライバーから#3W・#5Wのウッド類のクラブMOIの数値が、
    「ほぼ近い数値!」にまとめられており、
    アイアンとウッド類も「一定の差の中に納まっている」事が多く見受けられました!

    つまり、色々なクラブを試して振っていく中で、感覚やこれまでの経験を元に
    「振りにくいクラブ」を選ばないということが見えてきます。

    誰もが、そんな感覚や経験値を持っているわけではありません。
    しかし、クラブMOIを測定することで、その感覚や経験値でトップアマが得ている
    「同じ振りやすさを持ったクラブ」を選ぶ手段を手に入れることが出来ます。

    「振りやすいクラブ」=「信頼できるクラブ」がバッグの中に1本でもあるのなら、
    その1本をベースに、データを使って同じ振り心地を探せば良いのです!

    ソコが、「そんなに練習熱心じゃなさそう」になっているわけです。
    クラブMOIがマッチングされたクラブセットを使うことで1本のクラブで行う練習が、同じリズムで振ることが
    出来るセットの全てを練習しているのと同じ効果を発揮する為、非常に効率よく練習が出来ていると言えます。

    良くある実例を上げて近いうちに更に見ていきたいと思います!

    20140702-005850-3530949.jpg



    ブログランキング
    スポーツ
    ブログ王へ