アストロ プレミアムWI460+TourAD GT-6


オーダーいただきまして、仕上げましたので参考に。WI460 マスターズさんのアストロシリーズです。 ドラコンや上級者の使用クラブと言ったイメージが強いですが、実は2タイプシリーズとしてあります。

 

ご存知のドラコンや中上級者が好む形状と、吹き上がりを押さえた弾道で強く支持されている『ASTRO TOUR』 現在『ASTRO TOUR VⅡ』と『ASTRO TOUR S1』がラインアップされています。

 

アストロシリーズはコチラ⇒『マスターズ ゴルフ ASTRO』   『ASTRO TOUR』とは別に『ASTRO PREMIUM』と言うシリーズがあります。

 

初中級者から使える重心配置と、ボールが上がりにくい方にオススメの、シャローフェイスで長めのセッティングも可能なヘッド重量が用意されています。

昨年まで好評で販売を終了した初代『ASTRO PREMIUM』から派生して

  • 前作の良いところをそのまま受け継いだ ⇒ 『ASTRO PREMIUM WI460』
  • やさしくても良いが、弾道が上がりすぎるのをやや抑える ⇒ 『ASTRO PREMIUM D460』

 

ASTRO PREMIUM WI460 10度 197.1g
グラファイトデザイン TourAD GT-6 Sフレックス 64.1g
GolfPride マルチコンパウンドMCC プラチナム ロイヤルブルー Bラインあり 50.6g

products-mainimg_wi460

 

今回は、アストロシリーズの中で、最も安定度が高く、高弾道を作り出す『ASTRO PREMIUM WI460』と、ロースピンでつかりが良いTourAD GT-6との組み合わせです。

 

WI460は、クラウンの後方部分がボールの上がりをイメージできる反り上がったデザインが特徴です。

 

レングス 打ち込み スイングバランス 振動数 総重量
45.5インチC 33mm D3 257cpm 317g

 

GT 最早定番ですが、シャフトのカラーとグリップのカラーを合わせて、統一感を出しつつオシャレに。

総重量317gですが、45.5インチでヘッド重量があるため、一般的な70g台のシャフトが装着されたドライバー並みのクラブMOI値になっています。

『アストロ』シリーズのドライバーは、ヘッドに替える事のできるウェイトシステムを採用しているので、組み上げた後の振り心地の微調整が可能です。

 

ドラコンクラブからの、飛びのフィードバックとヒット商品初代『PREMIUM』譲りの高弾道で、安定したぶっ飛びになりそうです。



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ