DotB No.6 ブラックマレット ベントネック

パターの合う合わないを決定付けるもの


パターの合う合わないを決定付けるもの

自分に合うパターを見つけることが出来れば、思ったように打つことが出来、結果「よく入ります」

パターが合う・合わないを多くの方は感覚で選んでいると思います。
実際に選べているの方は、極僅か。

プロでもほんの少しの方だけで、「あのプロが良いと言っていた」「話題なので入るかも?」といった感じです。
スコアの35%~45%ほどを占めるパッティング。
ですがパターを選ぶ際に、長さやヘッドの形状・グリップの太さなどですら、なんとなく選んでいませんか?

DotB No.6 365gヘッド
DotB No.6 365g 非対称マレット

ピン型?マレット型?

パターを選ぶときに、「ピン型・マレット型」の2種類で選択されている方が多いようです。
「ピン型」は、芯が狭く上手く見える
「マレット型」は、ヘッドが大きくやさしい
もう少し詳しい方は、「ピン型」は弧を描くように振り、「マレット型」は真直ぐ振る
といった感じを何かで読まれたり、どこかで聞いたりされたのではないかと思います。

間違ってはいませんが、パターを使うプレイヤーが「弧を描いたストロークが安定するのか?」「真直ぐストロークするのが安定するタイプなのか?」が先です。

実は、パターの合う合わないを決定付ける要因は他にあります。

「合う合わないを決める要因」それを知らなければ、新しいパターが出る度に合うか合わないかを試してみなければなりません。
それで、出会うことが出来れば、とても幸運ですが一生出会うことが無いかもしれません。

複数本所有されている方がお持ちになる中で、形状が異なるパターであっても、根柢のパターの性格が同じものばかり持っておられる方も多く見えられます。

「どうもテイクバックで揺れる」「始動で引き難い」そんな思いをされている方は、最後まで読んでみてください。
関係なく、スコスコ入っている方は、感覚でそのパターを見つけている方なので、今のパターをそのままご使用ください。

バランス角

先ほどの「どうもテイクバックで揺れる」「始動で引き難い」と感じている方は、この「バランス角」が自分のタイプと一致してないことが多くあります。
今使用しているパターを、シャフトで支持してフェースがどのくらい天を向くのかチェックしてみてください。

「フェースバランス」や「トゥーヒールバランス」と呼ばれ、分類されます。
複数本パターを所持されている方は、天に向く大きい順に並べて打っていくと分かりやすいと思います。

Dot B No.6マレット PROTOバランス角
Dot B No.6マレット PROTOバランス角

重心アングルとバランス角

ドライバーやアイアンなどの、ヘッドの開きにくさを示す重心角。
先ほどのバランス角と測定しているものは同じですが、0度の位置が90度異なります。
「重心角」は、トゥが地を指してフェースが地面と垂直になる状態を0度
「バランス角(アングル)」はフェースが地面と水平(フェースバランス)が0度になります。

マレットパター

マレットパターと聞くと、多くの方はフェースバランスをイメージされるのではないでしょうか?

バランス角0度です。

15年ほどフィッティングしてきての結果として、ブレードタイプのような直線的な形状を好むタイプと、直線的な形状にストレスを感じるタイプがいることが分かっています。

直線的な形状にストレスを感じるタイプは、無理してブレードタイプを使い続けると、真直ぐ構えているのかに迷いが生じたり、テイクバックの始動が出来ずイップスになってしまうこともあります。

反対に、フェースバランスの多いマレットタイプに安心感を覚えるタイプには、バランス角が大きいパターでないと、スムーズなテイクバックが出来ないタイプが25%存在します。

今回身をもって、なかなか巡り合わないバランス角の「大きいマレット」と「小さいマレット」を同じヘッドで作成して、ラウンドテストしてみました。

DotB No.6シルバーマレット
DotB No.6シルバーマレット

検証テスト

フェースバランスが多いマレットタイプですが、バランス角を「ブラックは40度」・「シルバーは15度」に設定して作成しました。
テスターの私に合うバランス角は65度前後なので、ブラックの方がテイクバックで揺れず安定したパッティングが打てるはずです。

ネックのタイプはどちらもシングルベントネックです。

振りやすく、カップまで届く

商品紹介になってしまいますが、重心位置にもこだわり作成しています。

ショートする原因の1つとして、スイートエリアでボールを捉えられないということがあります。

今回のパターは、私のボールのポジションに合わせて、やや左に置く設計を施しています。
ややアッパー目にストロークした場合、フェースの下部でボールを捉えますが、それを考えてスイートエリアに収まるようにかなり低い重心設計です。

ボールの直径のルールは、42.67mm以上となっています。
「42.67mm以上」の理由は、ボールは直径を大きくすると、空気抵抗が増え、飛距離が出ません。
その為、有名どころのボールはほぼルールギリギリのサイズで作成されています。
ボールの重心は、半径と同じ位置にあるので、地面から21.3mmにあると言えます。

マレットでアッパーにストロークする場合、ヘッドの後方が地面に接触しないように、地面から離して振ります。
それを考えて、重心設計しましたので同じようにストロークするスタッフも、良いパッティングをしていました。

結果

1ラウンド通して双方使用してみました。

果、ブラック(バランス角55度)の方が「パット数が5打少ない」という結果でした。
ブラックの方が、誰にでも良いという訳ではなく、私に合うバランス角に近いモデルが良い結果をもたらしたということです。
バランス角の合わないシルバー(バランス角15度)では、テイクバックでイメージよりもインサイドに上がり、切り返しで少しアウトサイドから戻ってくるため、引っ掛けてしまうミスが数回ありました。

もちろん、長さ・FP・打球感も大切な要素ですが、「バランス角」「打点」「視覚的な形状」が、パターの合う合わないを決める要因であることを、改めて実感しました。

今回テストで使用した Dot BのNo.6のパターは現在作成中です。
このマレットタイプで、フェースバランスでないパターが、これまで「ストロークがし難い」と感じておられた方の合うパターになると考えています。(私が実際そうですが)

今回のNo.6とは反対に、ブレードタイプでバランス角の小さいDot B No.1 ロングネックパターも作成中です。
直線的なイメージを好み、ストロークも開閉が少ないタイプ。
フェースバランスのマレットに、直線的なイメージが欲しいと思っていた方にオススメのパターになる予定です。

DotB ロングネックブレードパター
DotB ロングネックブレードパター

「自分に合うパター」を見つける役に立てれば光栄です。

パターの通販はコチラ⇒『アトミックゴルフ パター特集』



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ