917F2・917F3ウェイト調整システム

タイトリスト917D3・917D2のウェイトシステムと917F2・917F3の比較


917D3・917D2のウェイトシステムと917F2・917F3の比較

前回に引き続き、917D3・D2の特徴を書いていきたいと思います。
毎回新モデルの発表のたびに変更になる、ウェイトの調整システム。
今回の917D・917Fに新搭載のウェイト調整システム「SURE FIT(シュア フィット)CG」は、これまでのプレート状のウェイトから、棒状のウェイトに変更されました。

917D ウェイトシステム
917D ウェイトシステム

新しい917シリーズのウェイトシステムは、915シリーズ・913シリーズの時と同じように、角度調整時に使用するレンチを使用して調整します。
ウェイトの入口は、917D3・917D2はヒール側から、917F3・917F2はトゥ側からウェイトを出し入れするようになっています。
穴の貫通したウェイトポートのフタを外すと、スポンっと差し込まれたウェイト棒が抜けてきます。
画像のように、ウェイト棒の左右の重量が均等な「ニュートラルウェイト」と、ウェイト棒の片側に重さを偏らせた「ドロー・フェードウェイト」を入れ替えることにより、ヘッドの重心をトゥ・ヒール方向に移動して、必要な重心設定を施すことが出来ます。

917D3ウェイトの種類
917D3ウェイトの種類

ウェイト棒の左右の重量が均等な「ニュートラルウェイト」には、シルバーのリングが左右に均等に付けられています。
ウェイト棒の片側に重さを偏らせた「ドロー・フェードウェイト」には、そのシルバーのリングが重たい方へ付けられています。
画像の「ドロー・フェードウェイト」はフェアウェイウッド用のため、ポートのある場所がドライバーと反対になります。
その為、ウェイトに貼られた矢印のシールは、ドライバーと向きが反対になります。

タイトリスト917シュアフィット
タイトリスト917シュアフィット

それぞれのウェイトのエンド部分には、「●・+・-」の印が入れられています。
「ニュートラルウェイト」には、両エンドに「●」 「ドロー・フェードウェイト」には重たい方へ「+」軽い方へ「-」が付けられています。
プラスとマイナスが、見誤ってしまいやすいので「+」はシルバーの丸の中に、「-」は周囲がブラックになっています。

917Dウェイトの視認
917Dウェイトの視認

先ほどの穴が貫通したウェイトポートのフタから、現在のセッティングを確認することが出来ます。

画像は917F2にウェイトをフェード設定で装着した際の見え方になります。

ツアープロには既に、ウェイトが現在確認できるだけで12g以外に10g・8g・6gがあるようです。

それぞれに、ニュートラルとドロー・フェードウェイトの設定があると思われます。

タイトリスト917シュアフィットのドライバーとフェアウェイウッドの互換性なし
タイトリスト917シュアフィットのドライバーとフェアウェイウッドの互換性なし

ちなみに、917Dと917Fでウェイトの互換性はありません。
画像のように太さが異なるため、917F用のウェイトは917Dに入りません。
反対に917D用のウェイトは、917F用のウェイトよりも長さが長く、ポートには入るもののフタを閉めることが出来ず、固定できないので使用することが出来ません。

ですので、ドライバー用のウェイト・フェアウェイウッド用のウェイトそれぞれに重量別・ニュートラルとドロー・フェード別のウェイトが発売されると考えられます。

917F2・917F3ウェイト調整システム
917F2・917F3ウェイト調整システム

917F2の#3Wで、ドローセッティングとフェードセッティングで変化を比較してみました。

変化量を少しでも大きくつけるために、ポートがフェースに対して斜めに設計されていますが、917Fは装着位置がフェースに近いため、重心角の変化量はあまり大きくありませんでした。
重心距離の変化はそれなりにありますので、ヘッドのターンには影響が出ると思われます。
917Dは、ポートの位置がフェースから離れた部分に設計されているので、変化量はもっと大きくなると考えられます。

917F2と917F3のソール
917F2と917F3のソール

ウェイトの話が先行してしまい、917F2・917F3についてあまり触れずに進んでしまいました。

910F以来、915F・915Fdという表記で来ましたが、909の頃の表記に戻った形です。
「F2」がこれまでの「F」に相当。「F3」が「Fd」に相当すると考えられます。
ヘッドサイズ・重心の深さ共に917F2の方がやさしくなっています。

917Fのスペックです

#3+W #3W #4W #5W #7W
917F2 13.5
(右のみ)
15 16.5 18 21
(右のみ)
917F3 13.5
(右のみ)
15
ライ角 56.5 56.5 56.5 57 57

 

917Dでは、ウェイトポートの位置を重心を下げる狙いからポッコリと、ソールから出ていましたが、917Fはヘッドの中に収められ、すっきりとした印象です。

917F2アクティブリコイルチャンネル
917F2アクティブリコイルチャンネル

ソールの溝は今回はエラストマー(樹脂)のインサートが入れられています。
915Fの際は、溝に入る芝などを掃除するブラシがセットでしたが、今回は必要がなさそうです。
溝の形状が、ドライバーと同じく均一な幅の溝から、トゥ・ヒール側が細くなり、フェース側に傾斜の付いた形状に変更されています。
埋められているので、測定できていませんが溝の深さも深くなっているようです。

フェアウィウッドも、溝の形状変更でセンター部以外での反発を高めています。(SLEルール内での話です。)
溝の効果で、15度でスピンは多くありませんが打出は高さが確保できる印象でした。
2回に渡って見てきましたが、9/2現在の情報ですので、発売までに変更があれば追記していきたいと思います。

917F2のメーカーサイトはコチラ⇒「917F2 公式サイト」

917F3のメーカーサイトはコチラ⇒「917F3 公式サイト」



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ