アイアンの精度を高める「あえてのトップ」練習機研究中


私個人の問題点でもある、インパクト時の身体の伸び・沈み。

谷越えや池越えのプレッシャーが掛かる場面でのダフリやトップはもちろんですが、打点が上下に安定しないと飛距離にも大きな影響を与えます。

奥行きの無いグリーン、チャンスに付けられる面積の狭いグリーンでは、思いとは掛け離れた手痛い結果になってしまいます。

COR

レッスン中のプロとのやり取りの中で、「アイアンは特に打点が大切」という話題になりました。

テーラーメイドのRSiシリーズのように、打点のブレをヘッドで吸収して大きなミスにならないクラブも出てきましたが、そんな最新のクラブを持ってしても「例えミスショットしても・・・」と「常に打点がバラツク」では、スコアにも上達にも、やはり差が出てきます。
ミスを吸収するクラブ+ダフッても滑ってボールちゃんと当たる練習場のマット=練習場シングル誕生
練習しても上達しないゴルファーになってしまいます。

そのまま、コースでプレーすると練習場の好調が嘘のようにミスショットが出続けます。
20150327-113632.jpg

そこで、#8Iを使ってリーディングエッジでボールの赤道をとらえる「あえてのトップ」という練習を、もう少し気持ち良く行える器具を作ってみることになりました。
「あえてのトップ」では、練習の目標が達成された上下動が抑えられたときの打球感が悪く、反対に沈み込んで本来ならダフって打った時の方が、打球間が良いという、手応えと目標達成が矛盾するという問題があります。
「スイングの良い時に悪い感触」「スイングの悪い時に良い感触」では、脳に混乱を生じさせてしまう訳です。

まずは、職人さんにお願いして試作を。
実打してもらい、フィードバックを元に改良していきます。

フェースに出っ張りを作った場合、トップした場合と、しっかり赤道を捉えた場合との差が出難いので、この後、違う方法をトライすることになりました。
トップした時は、ライナーになるので分かりやすいものの、練習場のマットでダフッた時に弾道に現れるクラブを目指します。

正確なスイングがもたらすのは、方向性だけでなく飛距離の正確さ大きな影響です。
20150327-113531.jpg

フェースの高さは28mmで、一般的なアイアンの約半分。

更にリーディングエッジから14mmの部分、トップライン側に+5度のロフトを別に付けています。
リーディングエッジ側に25度、トップライン側は30度の2つのロフトが付いてます。
リーディングエッジの削り込みを増やし、実際にナイスショットが出るフェース部分の高さをスコアライン3~4本分に設定しました。
「ソールからスコアライン3本目で」などと、アイアンの理想の打点位置を表現されます。
ルールに定められたゴルフボールの大きさは、直径1.68インチ (42.67mm)以上となっていますので、ボールの重心高は21.3mm以上となります。
スコアライン3本目当たり14mm。ボールの赤道が21mm。

約7mmソールが地面から浮いた状態でのインパクトで、アイアン本来のスピン量を得られるということです。
20150327-113421.jpg

出来上がったのがこちらです。

ハンドファーストでのインパクトも身につくように、FP値は小さめに設定しました。

形状が特殊な為、スコアラインを入れることができなかったので、トップラインはシャープにして、方向が取りやすい形状に変更しました。

フェースの中央にロフトが2段階に変わる山が見えるでしょうか?
20150327-113430.jpg

練習道具も、やはりカッコ良くないと続けて使ってはもらえないので、マッスルバックのテイストを研磨の技術で盛り込んでもらいました。

試作したヘッドは、L字のパターやチッパーに見えていましたが、この研磨によってグッとアイアンに近付きました。

20150327-113445.jpg

ロフトが2段に分かれてついている事が分かりやすい角度で撮影してみました。

5度ロフトを変える事で、実験では約1番手高く打ち出され、飛距離が落ちます。
これから、練習場で再テストを行ってきます。
効果が、大きいようであれば商品化出来ないか検討していきます。

スペック

ヘッド重量 ロフト ライ角 素材 長さ
272g 25度/30度 61度 軟鉄鍛造 37インチ
総重量 振動数 クラブMOI スイングバランス シャフト
431g 307cpm 266万g-cm2 D1 MODUS3 120

※スペックとしては、一般的な#7I相当になっています。



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ