タイトリスト 915Fのシャフト スピーダー515とSPD569EVOを比較測定。


タイトリスト 915Fのシャフト スピーダー515とSPD569EVOを比較測定。

純正で装着されている、フジクラシャフトのスピーダー515。
カスタムのシャフトと比べて、硬さや特徴はどうなの?20150111-023750.jpg

915F #3W SPD515 振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
S 247cpm ( L) 12.5kg 3.9 54g
SR 238cpm (L2) 11.9kg 3.9 52g

 

振動数からの換算フレックスは、純正シャフトとしては平均的な数値です。

フジクラシャフトのスピーダーの名前が付いているため、モトーレSPD569やSPD569EVOと、混同されてしまいがちですが、同じSフレックスで比較してみると以下のようになります。

振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
SPD569EVO/S 259cpm (RA) 14.3kg 4.4 52g

 

スピーダー569エボリューションと比較すると、シャフトの捩れ(トルク)を見ると、SPD515の方が捩れは小さいものの、シャフト中央部分の剛性が同じSフレックス通しでも大きく異なり、振動数でも1.5フレックスほど硬さが異なります。

20150112-112039.jpg

SPD515は、重量はありつつも硬くないシャフトが合う方に。

特に、シャフト中央の剛性が高くないので、ややアウトサイドから振るタイプのスイングと相性が良さそうです。

タイトリスト915シリーズ・キャロウェイさんのビッグバーサーα815のSPD565など、今回フジクラさんのスピーダーの名がつくシャフトを純正採用されていますが、あくまで同じ「フジクラシャフトで製造されている」ぐらいに考えた方が良いでしょう。

43.25インチ 振動数 換算フレックス センター剛性 トルク 重量
ツアーAD MT-6/S 265cpm (R) 16.2kg 3.3 62g
FUBUKI AT60/S 263cpm (R) 16.4kg 4.1 60g

 

同じカスタムシャフトでここ最近多い2種類のシャフトは、このような感じです。
中央部分の硬さは、それぞれのシャフトのキャラクターによって異なりますが、重量が50g台のシャフトと60g台のシャフトの硬度の違いが、顕著に出ています。

純正のシャフトも研究が進み、十分相性の良いスイングの方もおられます。

それぞれの性格を少しでも知ることで、武器にも悩みにもなることが分かってくると思います。
純正シャフトも調べていきたいと思います。

 

 



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ