フェアウェイウッドにダイナミックゴールドX100


フェアウェイウッドにダイナミックゴールドX100

リシャフトのご依頼をいただきました。
年にそんなに多くないですが、ウッドにスチールシャフトを取り付けは、数件行うことのある加工です。
完成数値は以下通りです。

今回は元々重量のあるUSモデルの80gからのリシャフトでしたので、スイングバランス優先でシャフト交換して、-0.25インチですが、60g前後のカーボンシャフトからのリシャフトの場合、0.5~0.75インチ程度は短くします。

20141104-232141.jpg

R11S #3W ヘッド重量 長さ シャフト重量 総重量
DG X100 217g(スリーブ6g) 43インチ 110g 381g

 

スイングバランス 振動数 換算フレックス クラブMOI 備考
D5.5 271cpm R相当 287万g-cm2 Tip1.75インチカット

バランスが重たいこともありますが、振動数の数値は大きくなりません。
重たくて、ゆったりとシナリ戻るクラブと言えます。
筋力はあるが、リズムは速くなくスイングに「間」がある方向けといえます。

ウッド用とアイアン用でチップ径が異なりますので、アイアンと全く同じシャフトではありません。
下の写真、上がウッド用で下がアイアン用です。

20141105-172521.jpg
NS950FW Sフレックスを装着した場合、

長さ 総重量 スイングバランス 振動数 換算フレックス
41.5インチ 368g D1 261cpm AL相当

 

長さとバランスが異なるので比較が難しいですが、コチラも重軟になります。
クラブMOIで考えてみると、ドライバーの次に長いクラブが大きいクラブMOI を持つことで、短いクラブとは同じリズムで振ることが困難な為、シッカリと意識を変えてスイングに入る必要があります。
20141105-132202.jpg

90g前後であれば、フェアウェイウッドに取り付けできるカーボンシャフトも、シャフトメーカーでラインアップされていますので、重量と共に硬さも求める方は、カーボンシャフトを選択する方が良いでしょう。

ウッドにはカーボンシャフトを入れるのが当たり前になる前は、フェアウェイウッドにスチールシャフトが装着されていたわけですが、今は選択肢も増え、力のある方が、ゆったりしたリズムでスイングしたい場合限定のスペックです。
今回ご依頼いただいた方も、かなりのパワーの持ち主ですので、結果が楽しみです。

スチールシャフト装着のフェアウェイウッドはコチラ⇒『スチールシャフトFW』

 

 



ブログランキング
スポーツ
ブログ王へ